プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
入門講座の創始者 岩崎茂雄講師 静岡来校!
2月11日、あの入門講座の創始者!岩崎茂雄講師が来校されました!!
とても気さくな方で、熱心に受講相談をされていました。

IMG_0678.jpg


そこで、当日参加できなかったみなさまに少しだけ内容を紹介したいと思います

--------------------------------------------------------------------------------------

~岩崎講師によるQ&A~

◎【予備試験】予備試験と司法試験は勉強方法に違いがありますか?
予備試験は、実務科目や一般教養科目など司法試験と一部異なる科目があります。
また、同じ科目でも予備試験の方が論証の重要性が大きい等多少の違いはあります。
しかし、基本的な勉強方針は司法試験と異なりません。
入門講座等で基本知識を理解し、答練等で解答力を鍛えることが大事です。

◎【司法試験】選択科目を選ぶ基準はありますか?
自分にとって好きな(興味のある)科目を選ぶべきです。
特に好きな科目がなければ、学習資料が充実している受験者の多い科目を選ぶべきだと思います。

◎【司法試験】論文答練のとき時間が足りず、途中答案になってしまいます。
司法試験は問題の文量が多いため、メリハリをつけて問題を読むことが大事です。
例えばですが、
①まずは10分程度で問題を読み、問題点になりそうなところにあたりをつける。
②次に、あたりをつけたところを精読する。
③そして、答案構成の過程で確認の意味で改めて問題を読む。
以上のように、問題の読み方を工夫してみて下さい。

◎【予備・司法試験】LECのテキストとは別に、判例や基本書の読み込みは必要ですか?
要りません。判例や基本書を読み込む作業を減らすために、予備校があります。
ぜひ、予備校のメリットを最大限に活かして下さい。
LECのテキストはコンパクトですが、決して判例や基本書における大事な部分は省いていません。
テキストを信じて、学習してください。

◎【予備・司法試験】答練を受けるにあたり気をつけるべきポイントはありますか?
答練ではいくらでも失敗して良いと思います。
時間配分や問題文へのマークの仕方、答案の作り方など、失敗してもいいから試行錯誤をして下さい。
思い切って攻めの答案を作ることで、評価の距離感がつかめるようになる場合もあります。
あくまで答練は本試験で最高のパフォーマンスを出す手段であることを忘れずに、答練を有効活用してください。

◎【予備・司法試験】論文で点数を安定させやすい科目はありますか?
それぞれに得意不得意があるので、一概にはいえません。
ただ、公法系は点数が安定しづらい傾向にあると思います。

--------------------------------------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?
これらはほんの一部ですので、興味のある方はお気軽に静岡本校までお問合せください!

最後に、岩崎先生から受験生のみなさまへ色紙でメッセージを頂きました!

IMG_0217.jpg


とても重い言葉ですね。
私たちスタッフ一同も、この言葉を胸に受講生の皆様を応援していきたいと思います!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/885-117953b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)