プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
【司法試験】   平成26年度司法試験の合格発表を受けて



法曹を目指すなら上位法科大学院既修者コースか予備試験ルート

1.総括

平成26年に実施された司法試験は、新しい司法試験制度になってから9回目、予備試験経由の受験生が参入してから3回目の試験となりました。
今年度の合格者は1,810人で、昨年度の2,049人を239人も下回り、近年では初めて2,000人を割り込む人数となりました。全体の合格率も約22.6%と昨年度の約26.8%を4.2%も下回っています。合格者数の大幅な減少の原因は、平成26年4月に自民党政務調査会が「平成28年までに合格者を1,500人とする」という提言を打ち出したことや弁護士人口の急激な増大等の様々な問題の影響を受けてのことだと推測されます。総合評価を経た合格点も770点と昨年の780点から更に10点低くなりました。行政法、刑法などをはじめ本質的な深い理解を問う難問が多かったことがその理由だと思われます。

2.予備試験か法科大学院か?

合格者の内訳を既修・未修別で分けてみると、既修者が1,121人(昨年度1,209人)、未修者が526人(昨年度720人)となっており、既修者の全体合格率は32.8%、未修者の全体合格率は12.1%と未修者にとって非常に厳しい結果となっています。

上位法科大学院の既修者の合格率を見ると、東京大学法科大学院が約76%、京都大学法科大学院が約66%、一橋大学法科大学院が約58%、慶應義塾大学法科大学院が約63%、中央大学法科大学院が約39%となっており、上位校も苦戦を強いられる結果となっています。

これに対して、予備試験経由組の合格率も昨年度の71.8%から66.8%と落ち込んでおり、予備試験合格後も十分な試験対策が求められる結果となっています。

毎年、法科大学院入学者数は激減し、大幅な定員割れとなっており、平成25年は4,261人の定員数に対し2,698人の入学者しかなく、実に93%の法科大学院で定員を下回る事態となっています。今後も更に法科大学院の統廃合が進むと思われます。これに対して、予備試験の受験者数・合格者数は、平成24年が7,183人・233人、平成25年が9,224人・351人と増加しており、予備試験ルートが主流になりつつあります。

3.今後について

自民党の提言に沿う形で、平成27年度の司法試験は更に合格者の人数が減少すると思われます。そのため、5年で5回と受験資格制限が緩和され、短答式試験が憲法、民法、刑法3科目になって受験生の負担は軽減されますが、かえって短答式試験の最低合格点が上がるなど、今年度以上に厳しい試験となることが予想されます。予備試験ルートを選ぶか法科大学院に入学するかといった進路設計のみならず、短答式試験と論文式試験の対策をどのように合理的に行っていくかといった戦略の確立が求められているといえます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/728-ef8bdd77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)