プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
行政書士 2012年度合格者(下平ゼミ参加者)の声 その5
【 TYさん 】


<合格までの軌跡>

 ~学習初年度~

 <受講講座>  合格講座パーフェクトコース  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)  他校の模試

 <良かった点>  ・時間の制約上、基本通信で受講し、一部通学を併用し、3回転させた。

            ・ゼミに参加し、意識の高い仲間から刺激をもらい、情報交換もできた。

            ・予備校に通うことでペース管理ができた。

 <反省点>  スタートが2月末だったため、既に憲法・民法の生講義が終了しており、出遅れ感があった。

 ~この1年~

 <受講講座>  答練・模試  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)  他校の模試

 <良かった点>  ・「もう辞めよう」と思ったとき、悩みながら下平先生や受験仲間と話をする中で、
             頑張った証は欲しい!という自分の思いを確認できた。

            ・「無理をしない」と決めたことで肩の力が抜けた。

            ・夏に転職を考えたとき、家族に勉強に専念すべきと止められ就業を控えた。

            ・前年の試験で会場の環境に恵まれなかったため、試験会場を変えた。

            ・行政法については、一問一答式の過去問集や公務員試験の過去問集も使用した。


<下平講師の講義・ゼミ・指導に対する感想>

  ・ゼミでは、情報を交換し支え合える仲間ができたし、講師も質問にすぐに答えてくれた。
   通信だけでは勿体ない。

  ・ゼミの予習は大変だし、ランダムに当てられるので緊張もする。
   でも、だからこそ、どんな質問にも答えられるように準備していった。
   結局は、これが記述の大きな力となり、合格に繋がったと思う。


<今年受験される方へのメッセージ>

  高い学費を払い毎週の講義に出席する受験生は、
  最終的には合格に近いラインまで行ける人たちだと思います。

  ただ、その1年間は「二度と出来ない」と思えるほど辛いものになるはずです。

  私も勝ちに行くためだけの勉強をした2年目、夏の大事な時期に父が入院し、
  父の経営する会社を手伝うため、勉強が思うようにできなくなりました。
  そして、それを乗り越えて準備をしても、当日の試験会場の環境に恵まれず涙を呑むことに。
 
  「リタイヤしたい」と思ったとき、
  同情でなく客観的に自分の力を見てきてくれた先生に「勿体ない」と言ってもらったことが
  「何年かかっても続けよう」というバネになりました。

  このときの言葉は重要で、「かけてきた時間が勿体ない」ではダメだと思います。

  受験生の力を把握していない先生だと、間違えなく「最初から全部やり直し」と指示するでしょう。
  そうではなく、「あと何が足りず何をなすべきか」を教えていただくことが大事なのです。

  LEC静岡校には、それができる先生がいらっしゃいます。ぜひ活用してください!



  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/575-7c46ac5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)