プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
9/12(土) 弁理士2010年は短答突破のチャンスだ!!
お忙しい中皆様には当説明会にお越しいただき誠にありがとうございます!
12名の方々にご参加いただき、

 「2010年短答試験突破の秘訣!!」

をお送りさせていただきました。

0912 katou02


当日の説明会内容をちょこっとだけですがおすそ分けです。

現在の短答試験においては実務的な内容(弁理士としての日常業務)
を問題としているものが非常に多く、条文をブツ切りに覚えるのではなく、
制度自体の流れに即して覚えていくのが効率的な学習方法である、という点。

そして、そのような理解を行なっていけば、問題も制度上からして、

あきらかにおかしな肢・正しい肢が 浮かび上がって見えてくる! 

という事実を本年度の本試験問題を参照しつつご説明いただきました。

また、試験においては時間が不足するのは当然であり、最初にざっと問題を見渡し、

◎ すぐに・確実に解けそうな問題

△ 時間をかけて考えれば答えにたどりつけそうな問題

× 「なんだこりゃ」「さっぱりわからん」という問題

の3パターンに分け、
×の問題は最初から 捨ててしまう勇気 が必要だ!
という試験上のテクニックを解説いただきました。

実際 全60問中37問程度(2009年度合格基準点37点)を正解すれば良く、

残りの 20問程度は捨ててしまっても問題は無いのだから、

全問正解を目指し、全問にまんべんなく時間をかけることなど
ナンセンスなのだということを説明いただきました。

これは全ての試験にいえることだと思います。
満点を目指すのではなく、合格点を如何に獲得するかという戦略を考え、実行する。
これもまた試験勉強なのだ、と実感したT.A.でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/52-5ea5c638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)