プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
【速報】 行政書士 記述式問題出題予想的中!!
こんにちはっ。 LEC静岡校 行政書士担当の片岡です。


本試験を終え、択一&多肢選択式の自己採点に一喜一憂されていることと思います。

しかし、そんな中、やはりみなさんが気にされるのは「記述式」の結果なのではないでしょうか。


今回は、この「記述式」に関してお伝えいたします。



そこで、まずは突然ですが、みなさん気づかれました?


なんと、今年の記述式試験、

1問はLECの公開模試(第2回目)の記述問題と丸かぶりだったんですっ!!

そして、下平講師のゼミで指摘した出題予想論点は、民法1、2問においてズバリ的中っ!!


そんなこんなで、「的中しましたっ!!」っと、声を大にしてお伝えします。


記述式3問の内、

 ①行政法 … こちらは、昨年度の択一過去問と同一論点

 ②民法 1 … (民法453条 検索の抗弁権)

         こちらは、公開模試第2回目にて出題。

         そして、静岡限定の憲法民法問題解答力養成講座(通称:下平ゼミ)にて指摘。

 ③民法 2 … (民法1028条、1031条 遺留分減殺請求権)

         こちらも、下平ゼミにて指摘。

 ※下平ゼミでは、択一&記述の出題予想論点をまとめ、資料をお配りしています。



上記の理由にて、今年の記述式は、しっかり復習された方は極解きやすかったともいえるのでは。と。


とはいえ、やはり記述式の難しさとは、

 ① キーワードを思い出せるか

 ② 40文字でまとめられるか

この2点かと思います。


そして、採点方式(基準)が不透明なのも行政書士試験記述式の最大の特徴です。

しかし、そんな「気になる」あなたのために、


下平講師が採点基準を大予想 してくれました!!

行政書士試験のブラックボックスに敢えて挑みますっ!!

(とはいえ、あくまでも予想であり、得点を保証するものではないことはご留意ください。)


以下、模範解答とキーワード&得点配分予想です。

■第44問(行政法)

 B市を被告として、損失補償の増額を求める訴訟を提起すべき。これは形式的当事者訴訟と呼ぶ。
    6点         6点                               8点


■第45問(民法1)

 Bに 弁済の資力があり、かつ、Bの財産に対する執行が容易であること。
   10点                      10点


■第46問(民法2)

 遺留分減殺請求によって、相続財産の二分の一について遺言を失効させることができる。
   10点                 10点


得点内訳は上記の通りです。


あと、問題は「部分点」がどの程度付与されるのかといったところでしょうか。

前段が誤りで、後段のキーワードが正解している場合、全体の文章としては誤りなので厳しく見れば0点です。

しかし、甘く見るなら後段の正解で8~10点の配点に。

また、用語の誤りがあっても意味が通じる場合、配点の半分を部分点として付与するetc。


得点の可能性を述べればいくつかありますが、

現段階では、最大限厳しめに採点するのがBESTかと思います。



ご自分の解答が不安な方は、ぜひ静岡本校開催の大相談会へご参加ください。

また、メールでもご提出いただければお答えいたします。

ぜひ、ご活用くださいっ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/513-adf1422f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)