プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
司法書士 小澤さゆり 先生講演会開催っ!!
 ttl_h1.jpg


こんにちは。LEC静岡本校 司法書士担当の片岡です。

本日ご講演いただきましたのは、

LEC静岡本校顧問司法書士であります司法書士法人小澤事務所の

小澤さゆり先生 です。

そして、タイトルは

「女性司法書士が語る、

  司法書士資格の魅力とは。」

s-IMGP1643.jpg

とてもお綺麗な先生です。天は二物を与えた!! まさに才色兼備。

s-IMGP1638.jpg

女性へ向けたお話をいただければと企画させていただきましたが、

実務家講演会はやはり関心度が高く、男性の方にも多くご出席いただきました。

s-IMGP1639.jpg

今日の参加者は「女性ばかり」かと思われていたさゆり先生には少し困惑させてしまったかもしれませんが、
男性の僕にも実に興味深く拝聴させていただきました。

ご参加いただきました男性の聴講生のみなさまにも、興味深くお聞きいただけたのではと思います。

s-IMGP1635.jpg

先生も同じく悩める受験生であったという事実に凄く共感できたとのお声をいただきました。

同じように苦労し悩まれた末に合格を勝ち取り、今は実務家としてご活躍されている。

その事実が、今、苦しい境遇の真っ只中にいる受験生を強く力づけ希望を与えるものであったようです。

受験生それぞれの境遇は違えど、悩みやプレッシャーを同じく抱えるもの同士。

「司法書士になりたいっ。」

その想いは同じであり、どんな段階にいる方でも共感できるものなのだと思います。


「司法書士になりたいっ。」


そう想い、資格に関心を持ったひと。

そう想い、勉強を開始したひと。

そう想い、勉強を続けているひと。

そう想い、合格したひと。

かつて想い、今は書士として業務を全うするひと。


やはり、目的を同じく勉強したことがあるということは、どこか共感や同調できるのでしょう。


今日の参加者からいただいたお声にも、

「冒頭から、不思議と共感できてウルウルしました。」
「同じように苦しい思いをして勉強し、合格された方がいるということに勇気をいただきました。」

とあり、共感や同調から生まれるパワーを感じていただけたようです。



そして、

女性であるからこそ資格を取得する。

そのメリットを強く意識づけていただけるご講演でした。


簡単に要約させていただくと、

・女性として合格し、開業して活躍する方も多くいらっしゃる。
・結婚、妊娠、出産、育児と、女性としてのイベントにも対応できる。
・結婚相手が転勤族でも、赴任先で新たな事務所を探して司法書士を続けている方もいる。
・妊娠や出産へ向け、仕事量を調節し、産休も同業者との連携で乗り切ることができる。
・資格があるからこそ、社会復帰が比較的容易にでき、高度な要職にさえ携われる。
・育児においても、自宅や自分の事務所での業務なので併行(両立)できる。(事務所で遊ばせながらのお仕事etc)
・同業者と結婚することにも多くのメリットがある。(女性、男性それぞれの特徴を活かす。)
・法人や何人かで経営している事務所であれば、休暇も比較的容易にとれる。

                                            etc

様々な具体的なお話をいただきました。

先生自身、吉徳先生の奥様であるからこそ苦労された点、悩まれた点があるとお聞きし、

それぞれの境遇での苦難やプレッシャーがあるのだと再認識させていただきました。

(地盤がある方を単に羨ましいなんて言ってはいけませんね。プレッシャーはそれぞれですから。)


合格しなければいけないプレッシャー。


それと日々戦うのが受験勉強なのかもしれませんね。

しかし、さゆり先生も仰っていたように、「合格がゴールではない。」ということ。

合格して、司法書士として活躍すること、社会貢献することが目的なのであり、

「合格がスタートである。」と。

また、静岡県の司法書士会は皆、仲が良く研修制度が充実している。

合格しても最初は実務に暗いのは皆同じ。

求めればフォローはいくらでも得られるので、会の研修に積極的に参加するのが肝心とのことでした。


開業したら仕事が舞い込んでくるほど甘い業界ではないけれど、
努力すればしただけ可能性が広がる業界とのことです。

お話をお聞きし、僕も期待に胸が膨らみました。

おそらく合格している石川くんは、今年、この司法書士会への仲間入りを果たすのだと思います。

本当羨ましいっすっ!!

でも、これも、石川くんがこれまで必死に頑張った結果ですからね。


現在、実務家としてご活躍されている さゆり先生 を始めとした多くの諸先生方も、

皆、かつては受験生として頑張ってこられたからこそ今があるのだと思います。


受験生の皆さん、

さゆり先生や吉徳先生のような素晴らしい先輩方に続くべく、

頑張りましょうっ!!


そして、


目指せっ!! 2013年度合格っ!!



P.S.

さゆり先生が専門とされる成年後見業務。
本日は、テーマの制約もありその論点に関しては詳しくお話いただけませんでしたが、この業務、
具体的な内容などは試験勉強からは想像し難く、とっても興味深い論点かと思います。
また、そんな内容をテーマとした講演会を開催させていただければと思います。
そして、ご講演いただけるよう企画させていただきますので次回の開催をご期待下さいっ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/453-5c9b25ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)