プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
龍企画 小澤先生講演会開催!!
ttl_h1.jpg

こんにちはっ。 LEC静岡校 司法書士担当の片岡ですっ。

静岡本校の龍企画 司法書士バージョン を開催しましたっ!!

ご講演いただきましたのは 我等が<小澤 吉徳>先生っ!!


小澤先生は、若き士龍 というより 成士龍?正士龍?真士龍? とお呼びするべきでしょうか。

若きと銘打つのは大変恐縮です。(本当は、カテゴリーが違います。大物講演会と銘打つべきですが。)

先生は名実ともに超がつくほど全国的にご著名なお方です。

龍が如く、全国を飛び回るご活躍をされているとのことで龍企画の趣旨にムリヤリ?合致させてしまいました。


s-IMGP1411.jpg

今回も、関心高く、熱心な受講生の皆様にご参加いただきました。

s-IMGP1415.jpg

これまでにも増して、具体例を多く取り入れて下さったご講演はヒートアップっ。

聴講生の皆様も、ご満足いただけたようで、質疑応答の時間も盛り上がりました。

僕自身も、便乗して気になる質問をいくつか先生にぶつけちゃいました。

「暴力○の方々とも遣り合うことってあるんですか?」とか、程度の低い質問もぶつけちゃいましたが、

司法書士である以上、強面の方々とも接する(遣り合う)んだろうなと。
正しく、士の如く、斬り合うのかなと怖い想像は勝手に膨らむわけで…。

とはいえ、兎にも角にも、「常に毅然とした態度で主張すべきことは主張する。」。

そんな姿勢が肝心なようです。


それから、それから、本人訴訟支援業務の満足度が高いといった点は非情に驚きましたっ。

本人訴訟であれば、各種の制限はすべて取り払われるわけで。

140万とか、簡裁のみとか、そんな柵は取っ払い まさしく青天井!?

司法書士の訴訟業務の幅は大幅に広がります。

先生が仰るとおり、可能性は もう無限大っ!! (非弁行為なんて言わせませんっ)




ご参加いただいた皆さんも、やはり、合格後の進路や業務に強い関心をお持ちのようです。

合格後の姿を強くイメージすることは「合格を近づけること」に繋がります。


合格後の姿を明確にイメージ化するためには、

実務家講演会に参加して、より多くの先生の活きた声に触れるのが一番です。


みなさん、試験種を問わず講演会を どしどし ご活用下さいっ!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/397-39d2e3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)