プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
あと1日。
こんにちはっ。 LEC静岡校 弁理士担当の片岡です。


あと1日。

今年の論文本試験まで、


あと1日です。


ここまで来ると何といって良いのかわかりませんが、


やっぱり、 ファイトっ!!


弁理士論文試験。

短答を勝ち進んだ猛者が受験するこの試験。

これまた熾烈な争いかと思います。


僕自身に弁理士試験の勉強経験はないのでアドバイスできることは何もないのですが、

一般的な論文試験のお話をすると、


・最後は必ず文章を終わらせる。 
・「。」や「以上」を明記し、結論も明確にする。


最重要なポイントは、こんなところでしょうか。 ← 超基本ですが、意外に重要っ!!終了時間は突然にっ。

日本語は語尾が完結していないと何も論じていないのと同じ扱いになってしまいますからね。



本試験はいつも以上に緊張します。

頭も混乱しますし、手も思うように動かずペンも走らない可能性だってあります。

時間配分にはくれぐれもご留意ください。

本試験はMAX慎重に解くので、構成などにもいつも以上に時間がかかります。

その上、ペンも走らなかったとしたら…


書きたいことが書ききれない といった事態も起きかねません。


とりあえず結論まで書ききって、それから加筆し肉付けしていく。


本試験では、そんな作戦が活きてくるのかもしれません。


静岡の受験生には論文実力者が大勢いらっしゃいます。(加藤先生が仰ってました。)


みなさんが持てる実力を発揮できるよう祈ってますっ


もう、試験前日の今日は前乗りして現地入りしていらっしゃるでしょうか。
こういったところも、弁理士試験や会計士&税理士試験は負荷がかかりますよね。

本試験会場へは静岡のスタッフは駆けつけられませんが、講師や現地スタッフが必ず駆けつけますっ☆


講師と握手しておくと、意外にキモチが落ち着く効果があるようです。


ぜひ、オススメですっ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/384-5172cdcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【あと1日。】

こんにちはっ。 LEC静岡校 弁理士担当の片岡です。あと1日。今年の論文本試験まで、あと1日です。ここまで来ると何といって良いのかわかりませんが、やっぱり、 ファイトっ!!弁
[2012/06/30 09:03] まとめwoネタ速neo