プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
司法書士の座談会
皆さんこんにちは  司法書士担当の佐野です。

梅雨に入り、ムシムシして嫌な季節ですね。


昨日18日、そんな嫌な気分を吹き飛ばそうと、合格者座談会を企画して、
去年の合格者の山崎久紀氏にお話をしていただきました。

ssss

とても感動的なお話をうかがうことが出来ました。


お話されたことで、大切な部分を・・・・

・過去問の重視 
過去問の知識だけで22、23問は取れる。
過去問だけでは足りないが、しかし、経験上、最低、過去問をしないと合格には届かない 。
働きながらだと、勉強時間が少ない。しかし、全ての科目を回さなければいけない。
そこで、年度別に過去問を分けることにより、
全ての科目を短時間で回すという工夫をした。

・午後の試験をするときの時間
記述は最近では2時間あればいいといわれている。
そのためには、択一を1時間ぐらいで解かなければいけない。
択一は5肢あるが、時間短縮のためには、2肢読んで分かったら、残りの3肢は読まないという選択も必要。
しかし、そのためには知識を完璧にしておかなくてはならない。
完璧にするためにはどうするか。
過去問を完璧にすることが大切。

・手を広げすぎないこと

色々な人からいいといわれている本を買って、軽く図書館みたいになっている。
ほとんど読んでいない本もあるし、それでは意味が無い。
重要なのは、一つに絞って、それを徹底的にやること。
はじめは一つに絞ることが怖かったが、しかし、そうしたほうが結果が良かった。

・勉強できることの幸せ
司法書士試験に向けて勉強できることの幸せを知って欲しい。
昨今、東日本大震災があり、東北でも司法書士を目指している方は沢山いらっしゃる。
しかし、出来ない状況にある人もいる。
だから、勉強を出来る自分を幸せなんだと知って欲しい。
そうすれば、後、30分でも頑張ろうって思えるかもしれない。


最後のほうで話してくださった、勉強できることの幸せをかんじてほしいというお話はとても胸に響きました。

やはり山崎さんは色々経験されているからこそ、来てくださった方に感動を提供できたのではないかなと思っています。


合格者のお話を聞いて、その勉強方法が絶対正しいということは無いと思います。

勉強方法は人それぞれ違っています。

今回のお話を聞いて、自分の勉強方法を見つける一つの指針としていただけたら幸いです。


山崎さん長い時間ありがとうございました。

そして来校してくださった皆様ありがとうございました。


また色々企画していきますので、是非ご参加下さい。



スポンサーサイト

テーマ:学校行事! - ジャンル:学校・教育

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/225-1d54d115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)