FC2ブログ
プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
弁理士試験受験生へのTips「第6回」
弁理士試験受験生へのTips「第6回」

弁理士受験生の皆様へご案内

 弁理士講座2019年合格目標のコースが発売されました!

静岡本校 弁理士講座案内

弁理士の勉強を長く続けている皆様、初心を忘れてしまっていたりはしませんか?
初学者コースを再度申込みする士業は、実は「弁理士」が一番多いのです!
それほどに基礎が大事であり、基礎編で全てを講師が説明しているといっても過言ではありません!
模試や答練のみを受講するのも、アウトプットとしてはとても重要ですが、
インプットができていないと知識も理解も向上しません。

そこで、初学者向けのコースを再度申込みしていてはいかがでしょうか?
時期的に、早ければ早いほど安く申込ができますので、ご検討下さい!

勉強から遠ざかっていて、今どのように勉強したらいいのかをお考えの方もご相談お待ちしております♪

 特許庁から「閃きの番人」第2弾が出ました!

弁理士「閃きの番人」

今回は「公知と先使用権」がテーマです。弁理士の仕事において、
公知という言葉は一番と言ってもいいくらいとても敏感にならなくてはいけない言葉です。
今回のテーマに上がっている公知も、時期により先使用権が認められるか?という
本当に自然な流れで公知の時期が細かく関係してくるので、ドキドキします
中小企業の方にとって、1つの特許で会社が救われる又その逆もしかりだと思います。
だからこそ、そんな大事なアイデアを見える盾や剣、
さらには、手をつなぎ一緒に働くための手段となれるように弁理士が力をつくし、
守ったり支えたりしていく事が重要なのではないでしょうか?

今は、弁理士の勉強をがむしゃらにする時ではありますが、その先には1人のプロフェッショナル「弁理士」
として働かなければいけない現実があります。合格後にどのような「弁理士」として働きたいのか?
そこを考えるのも「弁理士」になる為には必要だと思います。
「合格」のみが目標ではなく、通過点にすぎないことを念頭に入れて勉強を進めましょう。

 Youtubeにて佐藤先生のコメント

佐藤先生は、LECの看板「弁理士講師」として20年間働き、多くの弁理士を育ててこられました。

いくつになっても、受講生が合格する事を自分の事のように喜んでくださる先生。
こんな素敵な先生に教わっているんだととても心があったかくなる動画です。

LECには多くの弁理士講師がいますが、講師の方々が業務と講師を両立させながらも長く続けてくださるのは他のどの士業よりも、「弁理士」が一番多いんです!それほど、生徒からの人気や信頼が厚いんだと思います。

私も、色々な先生方の授業を見たり聞いたりしましたが、どの先生もそれぞれ違う視点で教えてくださるため、誰がいい!というよりは、「こんな捉え方があるんだ!こんな理解の仕方もあるんだ!」と驚きやわくわくが増える気がしました。
いろんな先生を受けたほうがいいわけではありません。でも、行き詰ってしまった時にふと違う先生の説明でわからない事が解決する事もあります。だから「相談」って大事なんですよね。もし理解できない時は、チューターなどに相談をしてみたり、私に連絡くださればお調べします!

LECの弁理士講師の先生たちは本当に皆様受験生の合格を心から願っています。
そして、実際に弁理士として使える知識を学び、世界へ飛び立ちましょう!!






12月も半ば。16日(土)には、合格祝賀会がLEC静岡本校で行われました。
多くの合格者の方が参加されて盛大なパーティーになりました!
道のりがどんなに険しくても、「諦めなければ」必ずたどり着く場所が合格です。
合格された皆様の顔は晴れ晴れしく輝いていました

受験生の皆様!頑張りましょう!そして、来年の合格祝賀会に出席しましょう!!

私は論文の答練と落とし込みで精一杯ですが、年内中に授業は無事終わりそうです。
勉強ペースは自分次第ですが、合格するための勉強を頑張りたいと思います

クリスマスモードでうきうきしている街中を、講義の録音を聞きながら歩いている自分はミスマッチだなぁと感じますが、きっと合格したときには、この街中のうきうきモードにも負けないほどに最高の笑顔で胸がときめくのだと信じています

最近考え方がしめっぽくなってきてしまったような・・・論文の書きすぎだろうか?関係ないですね笑っ
受講生の皆様にも、「ノスタルジックですねー」と言われてしまいました。
寒い風と師走に心が弱っているのでしょうか?
まだまだ走り続けなくてはいけませんね!気合いを入れなおします!
がんばれー!自分!  がんばれー!みんな!
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/1093-bc81c220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)