FC2ブログ
プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
弁理士試験受験生へのTips「第5回」
弁理士試験受験生へのTips「第5回」

12月! つっついに2017年最後の月になりました!
年越す前に弁理士受験生の皆様、来年の準備はできていますか?
計画通りに勉強できていますでしょうか?
私は仕事で多くの試験種の方々の達成の姿や前を向いて頑張る姿を見ています。
それによりモチベーションが落ちそうな時も、自分も頑張らないと!っと思えます。

最近では市町村対抗マラソンを静岡本校近くの駿府公園で応援したのですが・・・
寒空の下、息を切らして風をきって走る選手達に「がんばれー」と言いながら、
私はなんとなく瞼があつくなるのを感じました。全力で頑張る姿を見ることで、
自分も選手達のように頑張れているだろうか?
忙しい・眠い・時間がない」って後回しにしてしまっていないだろうか?
自問自答を終えた後に、私は地元の「清水」が頑張ってくれることを願いつつも出社しました。

合格祝賀会の準備をすることで、自分も来年こそはこの場にスタッフとしてではなく、
合格者として出席したいという気持ちも大きくなりました。
そして、多くの弁理士合格者の方と「合格おめでとうございまーす♪」の乾杯をしたい・・・

そのために年内中にすること!それを今回はピックアップしてみようかと思います。

年内中に行うべきことは、各自講師の先生方から聞いていたり、
長年の受験勉強で身についてるとは思いますが、参考程度に読んでください。

 落としこみ作業

お電話でお問い合わせをいただくことも多い落とし込み作業の仕方ですが、
初学者の勉強の時に私が講師から教えて頂いた内容をご案内します。

落とし込み先は①条文集②青本③テキスト④レジュメ いずれでもOKですが、
1つに絞る事が重要なようです。試験前に情報を1つに集約する事が目的です。
ただし、④レジュメを使う場合は、条文集を必ず読みながら作業する事を忘れないこと!とのことです。

①授業で使用するテキスト内(アドヴァンス等)にある過去問で、
問われている部分の条文に線を引く(過去問番号を記入)

②主要条文・頻出条文の要件に番号を振る

③主体・客体・時期・手続き・効果にあわせて色わけ又は色塗りをする

④授業中に講師が重要ポイントを言っている場合は書き込む

この作業は、実は1日2日でできるようなものではありません。
授業を受けながらこまめに作業することになるので、間に合わなかったり、
追いつかなかったりすると思いますが、重要なのは全部やりきることよりも何度も条文を読むことだそうです。
ラインを引いたりする事で、条文のどこが問われる事が多いのか?
そして、例外は何があるのか?などを、何度も条文を読むことでなんとなくつかめてくれば、
落とし込みの作業としては十分です。
落とし込みをした条文集は、年明けから始まる過去問を解いていく時や、模試での復習などに使います。

 授業をひととおりみる or 見直す

全部の受講生さんがコースの授業をとっているとは限りませんが、
ご自身が受講している先生の授業は、年内中に放送されているものに関してはすべて受講して下さい。

実は、授業は1回見ただけでは記憶に残りません。
☆長期記憶に変わってればいいのですが、初学者は理解するのも困難です。

何度も繰り返しみるのが記憶を定着させたり、理解を深めることにつながります。
だからといって、特許だけを10回みて、条約は1回などという授業はよくありません。
全体をまず勉強する事で、自分が理解できていることや、もう一回みたいな?と思うことが出てきます。
しかも試験が近づくにつれて、「授業が最後まで見れてない・・・」というストレスが軽減します。

今年中にインプットを終わらせる事。
そして、年明けからアウトプットしながら足りないところをインプットしなおすという作業がとても重要です。

 論文の過去問をといてみる

この作業は、時間がある場合・・・ってことでもいいのですが、
短答の勉強ばかりしても点数が取れなかったり理解できない場合は、
それに関連する論文の過去問を解いてみることをおススメします。

短答も論文もどちらも条文の試験であり、理論的に考える事を要求されます。
試験問題も、理解が問われる問題が増えてきていることもあり、「なぜこの規定があるのか?」
「なんの為・誰の為の規定なのか?」を考える事で、答えが導き出せる事があります。

H29・H28と年ごとに解いてもいいですし、特の1問(1)だけや、商標の審判の部分を徹底的になどでもかまいません。
論文を解く事で、条文に流れが見えてきます。そして、要件も覚えやすくなります。

LECでは、各講師による論文の解答例を集めた論文過去問集がありますので、宜しければそちらを参考にしてみてください。

 年明けにする作業・試験前に覚える事リストの作成

<例>

年明けにすることは①過去問10年分解く(直近3年のみ5回)
            ②模試を受ける(短答・論文)
            ③アウトプットして足りない部分をインプット

試験前に覚える事リスト①総則・罰則系
               ②準用・不準用系   
               ③授業でチェックした細かい項目(訂正の請求ができる時期等)
               ④条約との関係

授業を進める上で、今覚える事と試験直前におぼえることがあると思います。
それを自分なりにリストにしたり、まとめておきます。自分がわかればいいんです!
私の場合は直前BOXをつくり、授業中に先生が言った「直前でいいよー」の部分をメモに書き入れたり、
総則や罰則などでよく間違える部分の問題を入れておいたりしています。
そうすると、今しなくていい!と気分が少しよくなります



ストレスを少しでも減らす事!そして、今すべき事を絞る事!そこに尽きる気がします。

悩みがあるようでしたらお電話下さい。今頑張ってるんです!という報告でも嬉しいです。

同じように夢を追いかける仲間がLECにはたくさんいます。

「頂上に近づくほどに頂上は見えなくなる!」

自分のレベルがわからなくても、勉強を続けていれば道は開けます。

合格レベルに近づくほどに、勉強の仕方がわからなくなったりします。

ですがそれは、頂上に近づいている証拠です!ゆっくりでも確実に前に進んでいきましょう

2017年最後、皆さん頑張りましょーーーーー

スポンサーサイト


トラックバック
トラックバック URL
http://lecshizuoka.blog23.fc2.com/tb.php/1092-2dd629a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)