FC2ブログ
プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
祝!平成29年度合格者祝賀会
11111111111111

2017年12月16日に2017年度合格者合同祝賀会を行いました

今回の記事ではその様子を写真でご紹介します

17祝賀会 歓談 行政書士
平岡先生(静岡県行政書士会会長)の話に真剣に耳を傾けています


17祝賀会 歓談 司法書士
小林講師(左)と司法書士合格者のお二人

17祝賀会 歓談 社労士
中谷講師(左)と社労士合格者のみなさん、とても仲が良さそうです

17祝賀会 歓談 社労士など社長
弊社代表(左)もみなさんとの話に盛り上がっています

17祝賀会 歓談 ゲーム
ご当地〇×クイズ大会で、見事景品をゲット!!


PZYRPVZtk6ArmdH1513765428_1513765563.png
キャリアコンサルタントに合格された皆さん


GFY8HH6tLI2wbSg1513766809_1513766872.png
行政書士に合格された皆さん


y7gTCn6Xe7Uo_EN1513767356_1513767501.png
司法書士に合格された皆さん


ThC5S73HgqJXbjH1513767589_1513768604.png
社会保険労務士に合格された皆さん


tj_BlD74YrW11HM1513768735_1513768782.png
土地家屋調査士に合格された皆さん



9fMY406SXwjDgYN1513768652_1513768692.png
宅建士に合格された皆さん



17祝賀会 全体 ノーマル
全体集合写真

17祝賀会 全体 ポーズ

合格された皆さん本当におめでとうございました


スポンサーサイト



【宅建士】平成29年度宅建士試験の合格者からメッセージ

superbnr_takken_171117.jpg

宅建士を目指して勉強中の方や、宅建士を目指すことを検討されている方に向けて、
平成29年度宅建士試験の合格者からメッセージを頂戴しました。



121

S.0さん
LEC受講講座:パーフェクト合格フルコース

QLECを選んだ理由
以前にもLECで他の資格で受講したこともあり、法律系の資格にも強いと思ったからです。

QLECを選んで良かった点
WEB通信で受講しましたが、いつでもどこでも何回も受講することができ、とても良かったです。

Q宅建士試験合格を目指す方へメッセージ
最初は覚えることが多く、知識も断片的になってしまいますが、継続することで、知識がつながって来る時が必ず来ると思います。そうなったら合格が見えてくるので、自分を信じて頑張ってください。


弁理士試験受験生へのTips「第6回」
弁理士試験受験生へのTips「第6回」

弁理士受験生の皆様へご案内

 弁理士講座2019年合格目標のコースが発売されました!

静岡本校 弁理士講座案内

弁理士の勉強を長く続けている皆様、初心を忘れてしまっていたりはしませんか?
初学者コースを再度申込みする士業は、実は「弁理士」が一番多いのです!
それほどに基礎が大事であり、基礎編で全てを講師が説明しているといっても過言ではありません!
模試や答練のみを受講するのも、アウトプットとしてはとても重要ですが、
インプットができていないと知識も理解も向上しません。

そこで、初学者向けのコースを再度申込みしていてはいかがでしょうか?
時期的に、早ければ早いほど安く申込ができますので、ご検討下さい!

勉強から遠ざかっていて、今どのように勉強したらいいのかをお考えの方もご相談お待ちしております♪

 特許庁から「閃きの番人」第2弾が出ました!

弁理士「閃きの番人」

今回は「公知と先使用権」がテーマです。弁理士の仕事において、
公知という言葉は一番と言ってもいいくらいとても敏感にならなくてはいけない言葉です。
今回のテーマに上がっている公知も、時期により先使用権が認められるか?という
本当に自然な流れで公知の時期が細かく関係してくるので、ドキドキします
中小企業の方にとって、1つの特許で会社が救われる又その逆もしかりだと思います。
だからこそ、そんな大事なアイデアを見える盾や剣、
さらには、手をつなぎ一緒に働くための手段となれるように弁理士が力をつくし、
守ったり支えたりしていく事が重要なのではないでしょうか?

今は、弁理士の勉強をがむしゃらにする時ではありますが、その先には1人のプロフェッショナル「弁理士」
として働かなければいけない現実があります。合格後にどのような「弁理士」として働きたいのか?
そこを考えるのも「弁理士」になる為には必要だと思います。
「合格」のみが目標ではなく、通過点にすぎないことを念頭に入れて勉強を進めましょう。

 Youtubeにて佐藤先生のコメント

佐藤先生は、LECの看板「弁理士講師」として20年間働き、多くの弁理士を育ててこられました。

いくつになっても、受講生が合格する事を自分の事のように喜んでくださる先生。
こんな素敵な先生に教わっているんだととても心があったかくなる動画です。

LECには多くの弁理士講師がいますが、講師の方々が業務と講師を両立させながらも長く続けてくださるのは他のどの士業よりも、「弁理士」が一番多いんです!それほど、生徒からの人気や信頼が厚いんだと思います。

私も、色々な先生方の授業を見たり聞いたりしましたが、どの先生もそれぞれ違う視点で教えてくださるため、誰がいい!というよりは、「こんな捉え方があるんだ!こんな理解の仕方もあるんだ!」と驚きやわくわくが増える気がしました。
いろんな先生を受けたほうがいいわけではありません。でも、行き詰ってしまった時にふと違う先生の説明でわからない事が解決する事もあります。だから「相談」って大事なんですよね。もし理解できない時は、チューターなどに相談をしてみたり、私に連絡くださればお調べします!

LECの弁理士講師の先生たちは本当に皆様受験生の合格を心から願っています。
そして、実際に弁理士として使える知識を学び、世界へ飛び立ちましょう!!






12月も半ば。16日(土)には、合格祝賀会がLEC静岡本校で行われました。
多くの合格者の方が参加されて盛大なパーティーになりました!
道のりがどんなに険しくても、「諦めなければ」必ずたどり着く場所が合格です。
合格された皆様の顔は晴れ晴れしく輝いていました

受験生の皆様!頑張りましょう!そして、来年の合格祝賀会に出席しましょう!!

私は論文の答練と落とし込みで精一杯ですが、年内中に授業は無事終わりそうです。
勉強ペースは自分次第ですが、合格するための勉強を頑張りたいと思います

クリスマスモードでうきうきしている街中を、講義の録音を聞きながら歩いている自分はミスマッチだなぁと感じますが、きっと合格したときには、この街中のうきうきモードにも負けないほどに最高の笑顔で胸がときめくのだと信じています

最近考え方がしめっぽくなってきてしまったような・・・論文の書きすぎだろうか?関係ないですね笑っ
受講生の皆様にも、「ノスタルジックですねー」と言われてしまいました。
寒い風と師走に心が弱っているのでしょうか?
まだまだ走り続けなくてはいけませんね!気合いを入れなおします!
がんばれー!自分!  がんばれー!みんな!
弁理士試験受験生へのTips「第5回」
弁理士試験受験生へのTips「第5回」

12月! つっついに2017年最後の月になりました!
年越す前に弁理士受験生の皆様、来年の準備はできていますか?
計画通りに勉強できていますでしょうか?
私は仕事で多くの試験種の方々の達成の姿や前を向いて頑張る姿を見ています。
それによりモチベーションが落ちそうな時も、自分も頑張らないと!っと思えます。

最近では市町村対抗マラソンを静岡本校近くの駿府公園で応援したのですが・・・
寒空の下、息を切らして風をきって走る選手達に「がんばれー」と言いながら、
私はなんとなく瞼があつくなるのを感じました。全力で頑張る姿を見ることで、
自分も選手達のように頑張れているだろうか?
忙しい・眠い・時間がない」って後回しにしてしまっていないだろうか?
自問自答を終えた後に、私は地元の「清水」が頑張ってくれることを願いつつも出社しました。

合格祝賀会の準備をすることで、自分も来年こそはこの場にスタッフとしてではなく、
合格者として出席したいという気持ちも大きくなりました。
そして、多くの弁理士合格者の方と「合格おめでとうございまーす♪」の乾杯をしたい・・・

そのために年内中にすること!それを今回はピックアップしてみようかと思います。

年内中に行うべきことは、各自講師の先生方から聞いていたり、
長年の受験勉強で身についてるとは思いますが、参考程度に読んでください。

 落としこみ作業

お電話でお問い合わせをいただくことも多い落とし込み作業の仕方ですが、
初学者の勉強の時に私が講師から教えて頂いた内容をご案内します。

落とし込み先は①条文集②青本③テキスト④レジュメ いずれでもOKですが、
1つに絞る事が重要なようです。試験前に情報を1つに集約する事が目的です。
ただし、④レジュメを使う場合は、条文集を必ず読みながら作業する事を忘れないこと!とのことです。

①授業で使用するテキスト内(アドヴァンス等)にある過去問で、
問われている部分の条文に線を引く(過去問番号を記入)

②主要条文・頻出条文の要件に番号を振る

③主体・客体・時期・手続き・効果にあわせて色わけ又は色塗りをする

④授業中に講師が重要ポイントを言っている場合は書き込む

この作業は、実は1日2日でできるようなものではありません。
授業を受けながらこまめに作業することになるので、間に合わなかったり、
追いつかなかったりすると思いますが、重要なのは全部やりきることよりも何度も条文を読むことだそうです。
ラインを引いたりする事で、条文のどこが問われる事が多いのか?
そして、例外は何があるのか?などを、何度も条文を読むことでなんとなくつかめてくれば、
落とし込みの作業としては十分です。
落とし込みをした条文集は、年明けから始まる過去問を解いていく時や、模試での復習などに使います。

 授業をひととおりみる or 見直す

全部の受講生さんがコースの授業をとっているとは限りませんが、
ご自身が受講している先生の授業は、年内中に放送されているものに関してはすべて受講して下さい。

実は、授業は1回見ただけでは記憶に残りません。
☆長期記憶に変わってればいいのですが、初学者は理解するのも困難です。

何度も繰り返しみるのが記憶を定着させたり、理解を深めることにつながります。
だからといって、特許だけを10回みて、条約は1回などという授業はよくありません。
全体をまず勉強する事で、自分が理解できていることや、もう一回みたいな?と思うことが出てきます。
しかも試験が近づくにつれて、「授業が最後まで見れてない・・・」というストレスが軽減します。

今年中にインプットを終わらせる事。
そして、年明けからアウトプットしながら足りないところをインプットしなおすという作業がとても重要です。

 論文の過去問をといてみる

この作業は、時間がある場合・・・ってことでもいいのですが、
短答の勉強ばかりしても点数が取れなかったり理解できない場合は、
それに関連する論文の過去問を解いてみることをおススメします。

短答も論文もどちらも条文の試験であり、理論的に考える事を要求されます。
試験問題も、理解が問われる問題が増えてきていることもあり、「なぜこの規定があるのか?」
「なんの為・誰の為の規定なのか?」を考える事で、答えが導き出せる事があります。

H29・H28と年ごとに解いてもいいですし、特の1問(1)だけや、商標の審判の部分を徹底的になどでもかまいません。
論文を解く事で、条文に流れが見えてきます。そして、要件も覚えやすくなります。

LECでは、各講師による論文の解答例を集めた論文過去問集がありますので、宜しければそちらを参考にしてみてください。

 年明けにする作業・試験前に覚える事リストの作成

<例>

年明けにすることは①過去問10年分解く(直近3年のみ5回)
            ②模試を受ける(短答・論文)
            ③アウトプットして足りない部分をインプット

試験前に覚える事リスト①総則・罰則系
               ②準用・不準用系   
               ③授業でチェックした細かい項目(訂正の請求ができる時期等)
               ④条約との関係

授業を進める上で、今覚える事と試験直前におぼえることがあると思います。
それを自分なりにリストにしたり、まとめておきます。自分がわかればいいんです!
私の場合は直前BOXをつくり、授業中に先生が言った「直前でいいよー」の部分をメモに書き入れたり、
総則や罰則などでよく間違える部分の問題を入れておいたりしています。
そうすると、今しなくていい!と気分が少しよくなります



ストレスを少しでも減らす事!そして、今すべき事を絞る事!そこに尽きる気がします。

悩みがあるようでしたらお電話下さい。今頑張ってるんです!という報告でも嬉しいです。

同じように夢を追いかける仲間がLECにはたくさんいます。

「頂上に近づくほどに頂上は見えなくなる!」

自分のレベルがわからなくても、勉強を続けていれば道は開けます。

合格レベルに近づくほどに、勉強の仕方がわからなくなったりします。

ですがそれは、頂上に近づいている証拠です!ゆっくりでも確実に前に進んでいきましょう

2017年最後、皆さん頑張りましょーーーーー