プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
平成25年度司法書士試験 本試験後イベント in静岡本校のご案内
【平成25年度司法書士試験】

本試験後イベントin静岡本校のご案内



LEC静岡本校で実施します!



本試験が終わって1週間、

まずはLECで結果分析。

絶対合格を目指す1歩はここから始ります!


①司法書士担当スタッフによる個別相談会--------------------------

お一人様30分~1時間程度の個別相談会となります。

予約制となりますので、お電話ご来校にてご予約ください。


<片岡スケジュール>

・7/17(水)11:00~20:00
・7/18(木)13:00~20:00
・7/19(金)13:00~20:00
・7/20(土)11:00~20:00


<曽根スケジュール>

・7/16(火)18:00~20:00
・7/18(木)18:00~20:00
・7/20(土)18:00~20:00
・7/21(日)18:00~20:00


②中上級バックアップ試験 第2回目 --------------------------

司法書士試験合格を目指す全受験生をバックアップするため、今年も成績に応じて割引クーポンを進呈する「中上級バックアップ試験」を実施します。バックアップ試験後に実施される「平成25年度筆記試験徹底検証会」終了後、試験結果を配布しますので、当日のうちに割引率がわかります。

7月21日(日)11:00~13:00

成績:進呈される割引クーポン
1位~3位:100%OFFクーポン
4位~10位:80%OFFクーポン
上位5%以内:50%OFFクーポン
上位10%以内:30%OFFクーポン
上位20%以内:20%OFFクーポン
上位30%以内:10%OFFクーポン
平均点以上:5%OFFクーポン





スポンサーサイト
司法書士受験生のための行政書士試験対策

こんにちは。LEC講師の下平です。

司法書士試験がひと段落したこの時期になると、
例年、司法書士受験生の方々から、11月の行政書士試験について
お問い合わせを頂くことが多くなります。
今から始めて間に合いますか? どのように勉強すればよいですか? etc

そこで、今回も、
これからの約4ヶ月間で、行政書士試験合格を目指すための学習プラン
をご提案させて頂きたいと思います。

1.司法書士受験生の強みと課題

  まず、強みは、基礎法学、憲法、民法、商法・会社法について、
 既に合格水準に達している方もいらっしゃるという点です。
  一方、課題は、行政法、一般知識、記述式対策でしょう。
 本試験の形式(3時間60問、記述式)の訓練も必要だと思います。

2.推奨学習プラン・スケジュール

  ① 現時点の実力把握(所要期間0.5週間)
   まず、平成23年・24年の本試験問題を時間内で解いてみてください。
   (ただし、行政法部分No.8~26、42、43、44を除き、2時間で。)
   そして、行政法以外の科目が、司法書士受験生としての目標正解率(※)
   に達しているかチェックしてみましょう。
   ※ 基礎法学、憲法、民法、商法・会社法の目標正解率は8割
     (行政書士試験は全体6割とれば合格という絶対評価の試験ですが、
   行政法についてはこれから頑張っても5割程度しか得点できない可能性
   もあるため、上記法令科目でしっかり稼いでおく必要があります。)
     一般知識の目標正解率は5割

  ② 学習計画作成(所要期間0.5週間)
   行政法、一般知識、記述式対策、本試験形式の訓練を中心として、
   補強すべき科目があればそれも加えて、やるべきこと(必要性)を列挙。
   効率的学習のためには、LEC「法律系資格受験生コース」(※)の受講が最適。
   可処分時間(許容性)を考え、優先順位付けをしましょう。
   ※ 下記③~⑥の講座・模試のパック

  ③ 行政法(所要期間約6週間)
   スピードマスター合格講座行政法10回
   (講義3時間+復習:テキスト定着と過去問演習9時間)×10回=120時間

  ④ 一般知識(所要期間約2週間)
   スピードマスター合格講座一般知識4回
   (講義3時間+復習:テキスト定着と過去問演習9時間)×4回=48時間

  ⑤ 記述式対策(所要期間約1週間)
   記述60問解きまくり講座3回
   (講義3時間+復習:テキスト定着と過去問演習6時間)×3回=27時間

  ⑥ 本試験形式の訓練(所要期間約4週間)
   公開模試4回
  (模試3時間+復習22時間)×4回=100時間
   予想問題なので、原則として全問(全科目)の復習をお勧めします。
   もっとも、配点が大きく定着度の低い行政法に重点をおくのは当然です。
   復習の際には、解説冊子だけで済ませず、必ずテキスト・六法へ戻り、
   該当項目全体を再確認し、理解・記憶の精度をアップさせましょう。

  ⑦ 直前2週間
   総まとめ

以上は、週25時間程度学習可能な方であれば、十分実行可能なプランです。
さらに、より多くの時間がとれる方は、直前オプション講座、下平ゼミ(※)等も
ご利用になれば、合格可能性が一層高まると思います。
 ※ 静岡校オリジナル企画で、多くの合格者を輩出しています。

 以上、暑い夏を乗り切り、実りの秋を迎えて頂くため、
少しでもご参考になれば幸いです。

                    LEC専任講師・行政書士 下平芳寛