プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
あの行政書士<横溝>講師が静岡校に降臨!!
<横溝>降臨!!

s-IMGP2578.jpg

s-IMGP2556.jpg



いきなりで失礼しました。

こんにちはっ。LEC静岡校、行政書士担当の片岡信亮です。


記念すべき、5月29日(水)。


静岡本校に<横溝>講師が来校され、特別ガイダンスを開催いたしました。


え?

そうです。 あの<横溝>講師です。

行政書士講師のトップランナー。

yokomizobon.jpg

そして、この本の執筆者の<横溝 慎一郎>講師です。


外は、あいにくの雨。しかも、平日の夜。

そんなコンディションにも関わらず、とても多くの方にご参加いただきました。

教室はもう満席。 先生の根強い人気が伺えました。

s-IMGP2532.jpg
s-IMGP2544.jpg


ガイダンスタイトルは、

「本試験までの5ヶ月間で、あなたがすべきこと。」

これからのおよそ100日間の過ごし方をテーマにお話いただきました。


s-IMGP2537.jpg
s-IMGP2566.jpg


いつもは箱(画面)の中の存在。

それが目の前で躍動し講義をされる姿は実に新鮮です。

もう本当、ライブ感が違いますっ

グイグイ惹きつけられる講義は「流石」です。



s-IMGP2572.jpg

講演後は、サイン会&個別質問会を開催しました。

希望者の多さを考慮して「1on1でみっちりと」といったスタイルは避けてしまいましたが、


ご覧下さい。 長蛇の列。


少ない時間の中で、合格祈願のサインやピンポイントアドバイスを貰い、参加者の皆様にも
大変ご満足いただけました。



s-IMGP2577.jpg

最後にこっそり記念の1枚をパシャリっ





今回このレポートでは、お話いただいた内容には一切触れておりませんが、

答えはすべてこの中にありっ!!


これから、11月10日の本試験当日まで。

1日たりともチェックを欠かしてはいけません。

何を? と思われた方は、迷わず上記のリンクへGO!!

行けばわかるさっ!!


P.S.

手帳の 11月10日(日)には 「本試験日」 とだけ書くのではなく、

「合格した!!」と、実現した形で書いておく。

今日のお話の中で一番肝心なキーワードです。

「今年の試験で必ず合格する。」という意識を

頭に常に焼き付けるとても効果的な方法とのことです。



P.P.S.

因みに、かく言う僕も先生のブログはチェックしています。

そう、毎日、欠かさずに。


そして、ご覧下さいっ!!

s-IMGP2579.jpg

何気にサインも、職権乱用にてフライングゲットしちゃいましたっ



スポンサーサイト
士龍講演会☆久保田忍先生ご来校
社労士スタッフの竹田です。


昨日静岡本校にして士龍講演会を開催しました。


お招きしたのは社労士・行政書士のWライセンスで活躍されている


久保田 忍(クボタ シノブ)先生です


なんと、日本語教師という異色の経歴の持ち主。


講演の内容はWライセンスの魅力についてたっぷりと語っていただきました。


お話を聞いて思いました。


Wライセンスは間違いなく顧客満足度を高めます。


例えば、建設業のような特殊な業界の顧問先に
社労士の専門知識の範囲だけでアドバイスをしてしまうと、
とんでもない間違いになってしまうこともあるのだそうです。


社労士的にはベストなアドバイスのつもりが、その他の場面(具体的には建設業の許可の更新など)では
かなりの高リスクにつながってしまうことがあるわけなんです。


これってWライセンスでないと、なかなか知らない話ですよね?

つまりは、


プロとしてやっていきたいのなら、専門知識の理解をより一層深めていくのは当然だとしても、


周辺知識の理解もある程度は知っておかなければならないということです。



これぞプロ!


受講生さんの質問にも丁寧に答えてくださった久保田先生、


お人柄も謙虚で大変尊敬できる先生でした。


聞けて良かった!!


来れなかった方、次回は絶対聞き逃すな!!


古橋 011

古橋 007

こんにちは!

LEC静岡校<椿>&<火物>です。


tsubaki-mini.jpg     &    mini.jpg


日曜日は国立大学法人等職員の本試験でした。

受験した方、いかがでしたか?

受験後、そのままLECに寄ってくださった方もいて、色々感想をききました

「みんなが出来たから平均点が上がるのでは?」説を唱えている方々がいたり、

「あからさまに時間が足りなかった」という方々がいたり。

どうなるでしょう?

受験した方、是非また感想おしえて下さい♪


さて、そんな本試験最中、LEC静岡本校ではアツイトークが繰り広げられていました!

LEC収録講師の<森葉子>講師による


「2014年 公務員試験 


    攻略法教えます!!」



のお話会を実施していました~

本試験と重なって出席出来なかった皆様ごめんなさい。

お話会に参加したみなさま、いかがでしたか

濃いお話が出来たと聞いています

今回のお話の中で私が一番衝撃だったのは、学生さんへの宿題です。

「今はこの科目を順番に終わらせていきましょう。」というアドバイスの後には、

夏休み中は、、、


「自己分析ではなく

自己○○をしなくてはダメです!」




との事!

キビシー!!!!

でも確かにそうです。学生さんの面接や討論の練習で気になるところは

敬語や、異なる年齢の方たちとの会話だったりします。

同級生やアルバイト仲間だったら、「あれが~」とか「う~ん」で物事や感想が伝わる事も多いです。

家族も一緒です。

初めて会う方や、目上の方に対しては「あれが~それが~」だけだと言いたい事が伝わりません。

学生さんに限った事ではありませんが、今回<森>先生はこの「自己○○」を宿題にしました。

2014年向けを目指す方、択一や記述のみならず、面接の事も今から視野に入れて頑張りましょう!

「自己○○」が気になる方は<椿>か<火物>にお問合せください

森講師と。

森葉子講師と参加した一部の方+椿講師と♪


5/29(水)
111

111

111

111

111

111

実務家講演会レポート 行政書士田中延代先生
こんばんわ

静岡本校行政書士担当の曽根です。

本日は、行政書士の田中延代先生をお招きし、講演していただきました。

タイトルは

「離婚!そのときあなたは誰に相談しますか?」
  ~『おだやか離婚』へのお手伝いとは~


でした。

s-IMGP2449.jpg


田中先生は私曽根と同じ支部の先輩にあたり、

私自身も興味津々の内容でした。

s-IMGP2436.jpg


はじめに離婚業務をやっていこうと思ったきっかけ、そして離婚業務に行政書士がどのようにに携われるか、また注意しなければいけないお話をしていただきました

行政書士としていくつかの文書作成業務があるのですが、やはり離婚協議書作成がメインとなることでした

さらに協議書の中に記載している内容までお話くださいました。

これが実務家講演会です

授業では聞くことのできない実務の声を聞くことができるのは、貴重な体験です

私自身も離婚業務をやってみようかと思ってしまうほどでした(笑)

中身については……秘密です
(曽根のところにくればこっそり教えますが

s-IMGP2447.jpg


今回は離婚に特化された先生のお話でしたが、私が気になったのは、

「私は使用人行政書士です」


とおっしゃった先生のお言葉です

使用人行政書士?

どういう行政書士か簡単に言いますと、自分の名前では業務ができませんが、

補助者と違って行政書士業務ができる。

???

ですよね

うまく説明ができないので、気になる方は静岡本校まで(笑)

ちなみに、使用人行政書士は静岡県内に8名いるそうです。


s-IMGP2450.jpg


今回も実務家講演会というタイトルにふさわしい、これぞ実務

という貴重な時間になりました

田中先生、お忙しい中ありがとうございました