プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
行政書士 2012年度合格者(下平ゼミ参加者)の声 その7 
【 NYさん 】

<合格までの軌跡>

 ~学習初年度~

 <受講講座>  他社通信教材

 <良かった点>  初歩の初歩を学ぶ感じ。

 <反省点>  値段は魅力的だったが、教材が見づらく解りづらかった。

 ~この1年~

 <受講講座>  合格講座パーフェクトコース(横溝講師)  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)

 <良かった点>  ・テキストが解りやすい。

            ・難しいところやテクニックが必要なところは、講師が徹底的に解説してくれた。
 
 <反省点>  最初からLECにしておけばよかったと反省。


<下平講師の講義・ゼミ・指導に対する感想>

  ・ゼミ形式のため、直接自分の言葉で説明することで、自分の理解度が確認できた。

  ・受講生の説明・質問に対して的確にコメント・回答する下平講師の講義は、必見・必聴です。
   即答ですから。民法なんて特に!

  ・レジュメも素晴らしい。


<今年受験される方へのメッセージ>

  いっぱい間違えて、いっぱい修正して、いっぱい悔しい思いをしてください。

  その悔しさが強ければ強いほど、それがあなたの本気度です。

  悔しくないのであれば、その程度の志ではほぼ受からないので諦めましょう。

  近道はありません。淡々と目の前にある問題を検討するのみです。

  甘えは燃えるゴミの日にでも出してしまいましょう。

  講師の方々は、知識量もそうですが、試験傾向の研究がとにかく凄いので、

  その指導に対して素直な気持ちで耳を傾けていれば、必ず受かります。

  厳しいことを言ったようですが、これは僕が実際に実行したことです。

  参考にしてみてください。



 
スポンサーサイト
行政書士 2012年度合格者(下平ゼミ参加者)の声 その6
【 STさん 】


<合格までの軌跡>

 <受講講座>  模試  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)

 <良かった点>  ・試験前に重要な条文を一通り見直した。

            ・模試の復習をしっかりやった。

 <反省点>  行政法の学習が足りなかった。


<下平講師の講義・ゼミ・指導に対する感想>

  ・重要なポイントをレジュメにしてくれた。
 
  ・民法の重要条文の一覧表をもらえた。


<今年受験される方へのメッセージ>

  模試などで良い結果が出なかったとしても、本試験ではうまくいくということもあるので、

  最後まで諦めずにがんばってください!

 
行政書士 2012年度合格者(下平ゼミ参加者)の声 その5
【 TYさん 】


<合格までの軌跡>

 ~学習初年度~

 <受講講座>  合格講座パーフェクトコース  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)  他校の模試

 <良かった点>  ・時間の制約上、基本通信で受講し、一部通学を併用し、3回転させた。

            ・ゼミに参加し、意識の高い仲間から刺激をもらい、情報交換もできた。

            ・予備校に通うことでペース管理ができた。

 <反省点>  スタートが2月末だったため、既に憲法・民法の生講義が終了しており、出遅れ感があった。

 ~この1年~

 <受講講座>  答練・模試  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)  他校の模試

 <良かった点>  ・「もう辞めよう」と思ったとき、悩みながら下平先生や受験仲間と話をする中で、
             頑張った証は欲しい!という自分の思いを確認できた。

            ・「無理をしない」と決めたことで肩の力が抜けた。

            ・夏に転職を考えたとき、家族に勉強に専念すべきと止められ就業を控えた。

            ・前年の試験で会場の環境に恵まれなかったため、試験会場を変えた。

            ・行政法については、一問一答式の過去問集や公務員試験の過去問集も使用した。


<下平講師の講義・ゼミ・指導に対する感想>

  ・ゼミでは、情報を交換し支え合える仲間ができたし、講師も質問にすぐに答えてくれた。
   通信だけでは勿体ない。

  ・ゼミの予習は大変だし、ランダムに当てられるので緊張もする。
   でも、だからこそ、どんな質問にも答えられるように準備していった。
   結局は、これが記述の大きな力となり、合格に繋がったと思う。


<今年受験される方へのメッセージ>

  高い学費を払い毎週の講義に出席する受験生は、
  最終的には合格に近いラインまで行ける人たちだと思います。

  ただ、その1年間は「二度と出来ない」と思えるほど辛いものになるはずです。

  私も勝ちに行くためだけの勉強をした2年目、夏の大事な時期に父が入院し、
  父の経営する会社を手伝うため、勉強が思うようにできなくなりました。
  そして、それを乗り越えて準備をしても、当日の試験会場の環境に恵まれず涙を呑むことに。
 
  「リタイヤしたい」と思ったとき、
  同情でなく客観的に自分の力を見てきてくれた先生に「勿体ない」と言ってもらったことが
  「何年かかっても続けよう」というバネになりました。

  このときの言葉は重要で、「かけてきた時間が勿体ない」ではダメだと思います。

  受験生の力を把握していない先生だと、間違えなく「最初から全部やり直し」と指示するでしょう。
  そうではなく、「あと何が足りず何をなすべきか」を教えていただくことが大事なのです。

  LEC静岡校には、それができる先生がいらっしゃいます。ぜひ活用してください!



  
行政書士 2012年度合格者(下平ゼミ参加者)の声 その4
【 KHさん 】


<合格までの軌跡>

 ~学習初年度~

 <受講講座>  模試のみ  市販の合格基本書で独学

 <良かった点>  独学で2カ月半勉強した後の記念受験だったが、難易度の高さが分かった。

 <反省点>  相談会等を利用して資格学校の講師やスタッフに勉強の進め方に関する相談をしなかった。

 ~この1年~

 <受講講座>  合格講座パーフェクトコース  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)  他校の模試

 <良かった点>  ・意志を強く持つ努力をした(心)。

            ・最終到達点までのアプローチ(合格までの勉強実施計画)を立て、
             1週間単位でPDCAサイクルを回し、随時軌道修正できた(技)。 

 <反省点>  体調管理が上手くいかず、8~10月の3カ月間、ベストコンディションを維持できなかった(体)。


<下平講師の講義・ゼミ・指導に対する感想>

  ・ロジカルシンキングの重要性を理解させてもらった。
    
  ・原則と例外の明確化を叩き込んでもらった。

  ・幹/枝/葉という分け方を教えてもらった。

  ・心技体すべてにおいて受験生想いの指導をしてくれた。

  ・何度も相談にのってもらった。

  ・記述出題予測箇所を教えてくれた。

  ・民法の条文の重要度ランク付けをしてくれた。


<今年受験される方へのメッセージ>

  必要なことは、2つ。

   1. 意志を強く持つ。

   2. 本試験当日に合格できるパフォーマンスを出すための時系列のタクティクス(戦略的計画)を立てる。
     この計画を90%実行できれば必ず合格できるという計画を、2月末までに完成させる。

  手段は、6つ。

   1. 相談会等を利用して、力量上位者(講師、スタッフ、合格者等)の話をよく聞く。

   2. 合格講座パーフェクトコースのスケジュール表をよく見る。

   3. 1週間単位のサイクルを作り、ペースを掴む。

   4. 本試験前2週間で何に困るかを想定し、早めに手を打つ。

   5. コンディションが悪い日は、翌日以降を良くするための努力をする。

   6. 助言・指導されたことだけを実施するのではなく、自分なりの裏技を見出す。
     (小生は、記述問題の解答だけを何回も素読しました。)


  
 
行政書士 2012年度合格者(下平ゼミ参加者)の声 その3
【 MNさん 】


<合格までの軌跡>

 ~学習初年度~

 <受講講座>  他校の通信教材を使って自分で勉強

 <良かった点>  勉強時間があまりとれない中で、自分のペースで進めることができた。

 <反省点>  ・テキストを読んでもほとんど理解できず苦労した。
 
          ・自分のペースでできた分、のんびりし過ぎてしまった。

          ・かけた時間に対して効果が上がらなかった。

 ~この1年~

 <受講講座>  憲法民法問題解答力養成講座(下平ゼミ)  情報通信・個人情報保護総チェック

 <良かった点>  ・ゼミの予習復習を丁寧に行うことで、幅広く知識の確認ができ、理解が深まった。

            ・ゼミ形式のおかげで、仲間と励まし合いモチベーションを維持することができた。

            ・模試の分析をしっかり行いゼミに積極的に参加することにより、自分の弱点がわかった。

            ・情報通信・個人情報保護総チェック講座は、WEBで繰り返し視聴することにより
             知識の確認ができて良かった。

 <反省点>  ・ゼミで答えるとき、できるだけ自分の頭の中の理解・知識で答えようと努力したが、
           しっかりとした文章にならず、法律知識を理路整然と表現することの難しさを知った。

          ・早朝の学習や図書館の利用なども考えていたが、あまり実行できなかった。


<下平講師の講義・ゼミ・指導に対する感想>

  ・条文の趣旨、原則と例外、例外の例外など丁寧に説明してくれたので、
   理解を深め知識を定着させることができた。
   暗記が苦手でも合格できたのは、先生のおかげ。

  ・勉強法や心構えなども丁寧にアドバイスしてくれたので、
   模試では緊張感を持って臨み、本試験ではあがらずに落ち着いてできた。


<今年受験される方へのメッセージ>

  とにかく諦めないことです。

  下平ゼミを受講し、ゼミ形式にも積極的に参加してください。
  うまく答えられないこともあるでしょうが、恥をかくことで更なる知識の定着を図ることができます。

  憲法・民法に関しては、過去問及び答練・模試の分析はゼミで徹底的にやって、
  行政法に関しては、自分で同じようにやってみればよいと思います。
  
  行政法は、条文を理解できるまで読み込むことと判例をたくさん覚えることが大切です。

  下平先生のメンタル面・方法論のアドバイスも素直に聞き入れて実行すると良い結果に繋がると思います。
  計画→実行→反省は、本来苦手なのですが、自分なりにやってみて効果があったように思います。

  自分を信じて、また信じられる自分になるように努力してください。

  私でも受かったんだから、きっと大丈夫です。