プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
しばしのお別れ
ふるはしのえみです。

6月も今日で終わり。
おそらくこの記事が、ふるはしのえみとしての最後の更新になることでしょう。
これまで、私の「限りなくどうでもいい記事」を
少しでも気に留めて読んでいただいた皆様には、お礼の言葉もありません。

本当にありがとうございました。


…さて。
絶賛別居中の中国嫁について、
やはり最後にご報告申し上げなければなりますまい。

4月ころ私は、「妻がもうすぐ中国から帰ると言っています」 という記事を書きました。

そして、5月に誕生日を迎える妻のために、私は「ワンピース」を買いました。
(マンガのほうじゃなくて着るやつですよ)

夏用の、黄色いワンピースです。
小さいお花がいっぱいプリントされていて、きっと妻に似合うだろうと、お店で脂汗を流しながら選んできました。
スカイプでそれを見せると、妻は大変喜んでくれました。

それから少し経って、先日のことです。
「具体的にいつ帰ってくるの?」と訊いてみたところ


妻「ごめんね。10月」






大激怒。

…今バイトでやっている日本語講師の仕事が10月に終わるので、
それが終わったら帰るとのこと。

いやいやいや。
お前もうすぐ帰るといってたじゃないか。

久しぶりに大喧嘩をしました。
さすがに詳細には書けません。
妻は、泣いてしまいました。


…次の日、言い過ぎたと思ったので、
私は「ごめん」と謝りました。

妻が「待っててくれる?」と訊いてきましたので、
私は「うん」と応えました。


我ながら、バカじゃねえの。と思います。
10月が過ぎて、あるいは冬が訪れたとしても、妻は帰ってこないのかもしれません。
私はそれに薄々気づきながら、知らないフリをしているだけなのではないか、と。

でも、ね、くそったれ。
惚れてるからしょうがないんです。
だから、もう少し待っていることにしました。



…最後の最後で「LEC」の「れ」の字も出てこないうえに
プライベートだだ漏らしの記事で申し訳ありません。

ま、最後だからいっか、ってことで。
ご容赦いただければ幸いです。


今後とも、私の愛したLEC静岡本校を、どうかよろしくお願いいたします!!
(←でた。投げっぱなしジャーマン)


スポンサーサイト
あと1日。
こんにちはっ。 LEC静岡校 弁理士担当の片岡です。


あと1日。

今年の論文本試験まで、


あと1日です。


ここまで来ると何といって良いのかわかりませんが、


やっぱり、 ファイトっ!!


弁理士論文試験。

短答を勝ち進んだ猛者が受験するこの試験。

これまた熾烈な争いかと思います。


僕自身に弁理士試験の勉強経験はないのでアドバイスできることは何もないのですが、

一般的な論文試験のお話をすると、


・最後は必ず文章を終わらせる。 
・「。」や「以上」を明記し、結論も明確にする。


最重要なポイントは、こんなところでしょうか。 ← 超基本ですが、意外に重要っ!!終了時間は突然にっ。

日本語は語尾が完結していないと何も論じていないのと同じ扱いになってしまいますからね。



本試験はいつも以上に緊張します。

頭も混乱しますし、手も思うように動かずペンも走らない可能性だってあります。

時間配分にはくれぐれもご留意ください。

本試験はMAX慎重に解くので、構成などにもいつも以上に時間がかかります。

その上、ペンも走らなかったとしたら…


書きたいことが書ききれない といった事態も起きかねません。


とりあえず結論まで書ききって、それから加筆し肉付けしていく。


本試験では、そんな作戦が活きてくるのかもしれません。


静岡の受験生には論文実力者が大勢いらっしゃいます。(加藤先生が仰ってました。)


みなさんが持てる実力を発揮できるよう祈ってますっ


もう、試験前日の今日は前乗りして現地入りしていらっしゃるでしょうか。
こういったところも、弁理士試験や会計士&税理士試験は負荷がかかりますよね。

本試験会場へは静岡のスタッフは駆けつけられませんが、講師や現地スタッフが必ず駆けつけますっ☆


講師と握手しておくと、意外にキモチが落ち着く効果があるようです。


ぜひ、オススメですっ



あと1日。
こんにちはっ。 LEC静岡校 司法書士担当の片岡です。


あと1日。

今年の本試験まで、


あと1日です。


ここまで来ると何といって良いのかわかりませんが、


ファイトっ!!



(なんか書きたくなったので書いちゃいますが、)


やっぱり、勝負は午後です。


択一を如何に早く終わらせるか。

記述式を2問、如何に解くか。


そこが大きなポイントですよね。


優秀な皆さんに僕が言うことではないのですが、

記述を解く上での大事なポイントを1つ、お伝えします。


「白紙はNGですよっ」


何でも書いてください。

書かなければ必ず0点ですが、書いておけば部分点がつく可能性は0ではありません。

適当でも書いておくべきです。


添付書面も、わからなかったらそれっぽいものを列挙する。

登録免許税も、計算している時間がなければ「金1,000円」とか「金3万円」とか書いておく。

邪道ですが、点がつけばラッキー。書かないよりよっぽどましです。


連件申請も、時間がないのであれば一件目から確実に仕上げていくのではなく、

とりあえず、3件目や4件目まで「目的」と「原因」だけでも書いておく。

そして、そこから不足分を補い解答欄を埋めて行く。


これだけのことで、例え最後まで書ききれなかった場合でも、貰える部分点に大幅な差が出ます。


毎年、本当に優秀な方でも、0.5点や3点に泣く 。そんな、非情な試験です。
                     ↑
    択一1問や減点で合否の明暗を分ける本当悔しい試験です。
    僕自身にここまでの経験はありませんが、そんな方々のお話を聞くたび勝手に僕も悔しくなってます。



とことん邪道ですが、記述も択一と同じで、例えわからなくても得点になる可能性はあるんです。


「最後まで諦めない。」

16時の鐘が鳴り終わるまで、一緒にあがきましょうっ!!

 ※ いや、優秀なみなさんは僕なんかと違ってゆっくり涼しく見直ししながら16時を迎えるかもですが

僕も、採点されるかとかそんなの度外視で、それっぽい解答に近づけるべくペンを走らせてきますっ。
                              ↑
               あくまで、正解ではない可能性が高いことを示唆する弱気な発言!?ですがっ


夜霧にむせぶ ふるはしのえみ
ふるはしのえみです。

先日、無事に最終出社日を迎えることができました。
皆様ありがとうございました。

…で、静岡本校の皆さん、「花束的な何か」は…?

…ない。特にない、と。
あ、そうですか。ないのね?帰っちゃっていいのね?
いーんですよ。私そういうの、気にしませんから。
全然へーきっすから。

じゃ、お疲れってんで、
まさかの「両手ぶらり戦法」で帰宅。枕を涙でぬらしていると、寺尾支社長から電話が。


「古橋さん、何で帰っちゃうんですかぁー。プレゼントあるのに」







005s.jpg
                                     おざぶに鎮座ましまして


この記事的には、「ホントに何ももらえなかった」ほうが
はるかに面白いことになっていたと思うので、少し残念です。
べ、別にうれしくなんかないんだからねっ!

(…すいません、ありがとうございました)


【受講無料】求職者支援訓練ショップビジネス科
LEC静岡本校、NEWスタッフの竹田です。

 皆さんは求職者訓練制度についてご存知でしょうか?

厚労省管轄の職業訓練制度の一つです。

 数年前までは、失業した場合に雇用保険に加入していた方は失業保険を受給できますが、雇用保険に加入していない方は何も受給できませんでした。

 セーフティネットのもれがあったわけです

 そのため、失業→生活保護という流れにあったものを何とかしようということで設けられたのが、この求職者訓練制度です

 原則無料で訓練を受けられます!(テキスト代、検定受検料は有料)

 主な対象は、ハローワークに求職の申込みをしている方で

 雇用保険に加入できなかった方
 雇用保険を受給中に再就職できないまま支給を終了した方
 自営業を廃業した方

 などです。(これ以外にも対象となるケースがあります。詳しくはハローワークまで)

 LEC静岡本校ではただいま、求職者訓練として『ショップビジネス科』の受講生を募集しております。

 単純にショップ店員になるためではなく、店舗運営やマーケティング、POP広告作成の技術、簿記など店長候補として活躍できるようにするための訓練カリキュラムです。

 LECのノウハウ満載でお送りします

 募集期限は7/13(金)、定員20名です。

 まだ間に合う!ご興味のある方はお早めに