プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
夏の終わり
こんばんは。
ふるはしのえみです。

今年の3月から中国にオープンチケットで帰省してる妻が、
実は片道切符で帰っていたことが判明しました。

…帰ってくるか否かは完全に向こうのサジ加減ひとつとなりました。

妻「たぶん、帰ると思うんだけどな…」
私「…(涙)」


さて、


そんなことよりも明日はいよいよ社会保険労務士の本試験です。

皆さま、明日は早いですから、早めにお休みください。
今日までの努力を信じて、それでも痛む胃を抑えて、早めに寝てください。

朝ごはんは、アンパン一個、牛乳一杯でいいですから、きちんととりましょう。
力が沸きます。

今日まで支えてくれた身近な人がいたなら、その人に感謝しましょう。
最後まであなたの力になってくれるはずです。


私にはそれくらいしか言えませんが…
…どうか、がんばってください。


スポンサーサイト
「ある司法試験受験生の勉強の記録」
こんにちは。

静岡本校司法試験受験アドバイザーの久保田です。



本日、

「ある司法試験受験生の勉強の記録」

と題しまして、司法試験ガイダンスをやらせていただきました。



皆さまの前でお話しするというのは初めての経験で、だいぶ緊張しました・・・。
そして、自分のトーク力の無さを反省しております・・・。

IMGP0599s-.jpg
(↑緊張で顔が引きつる久保田。)





とはいえ、参加者の方に少しでもプラスになることがあればと、一生懸命お話させていただきました!!


IMGP0595s-.jpg
(↑今回のガイダンスはラウンドテーブル的な形式で行いました。)




ガイダンスでは、私が勉強中に作成した、



【計画表】

計画表





【まとめノート】

IMGP0608s-.jpg


また、


実際に使っていた【判例六法】

IMGP0609s-.jpg


をお見せしながら、ロースクール生活や受験勉強の具体的な内容などを中心にお話しました。



ガイダンス後は参加された方からのご質問などで、あっという間に終了時刻は過ぎ・・・

IMGP0607s-.jpg



長時間お付き合いくださった参加者の方々、ありがとうございました!

これに懲りず、今後もガイダンスを企画していきますので、またのご参加お待ちしています☆

また、今回は予定が合わず参加できなかった方も、次回はぜひご参加下さい!



ではでは、失礼いたします。

・・・・・・次回は、「司法試験合格者によるガイダンス」となることを祈りながら。。。


【中小企業診断士】実務家講演会レポート
皆さんこんにちは。

LEC静岡本校の寺尾です。


本日、LEC静岡本校にて、

企業内 中小企業診断士の須田一秀先生をお招きして、

実務家講演会が開催されました。

タイトルは、


◆--------------------------------------------------------------◆

     「もし製造業の営業担当が中小企業診断士になったら」

◆--------------------------------------------------------------◆


suda1

◆講演者◆

企業内 中小企業診断士・1級販売士
林電工株式会社
  
須田 一秀 先生
 
工業用温度計メーカーの営業担当として勤務。
平成21年に中小企業診断士試験に合格。企業内診断士として社内研修や
取引先企業の新人研修等を行っています。また、県内の支援機関等にお
いて経営支援アドバイザーとして定期的に経営相談員も勤めています。


◆日程◆

8/20(土)14:00~15:30



suda2



工業用温度センサーのトップメーカーで、営業所長を務める須田先生。


須田先生は企業内診断士として、

 社内では

  ・事業部戦略立案に参画
  ・販売戦略、販売計画立案
  ・部下の教育 
   etc・・・

 社外では
 
  ・取引先社員教育の講師
  ・取引先販売戦略支援
  ・市場情報提供
   etc・・・ 

といったように中小企業診断士という資格を武器に大活躍されていらっしゃるとのこと。


具体的なエピソードを交えながらのお話に、受講生達の目の輝きが増してゆくのが分かりました。

須田先生、貴重なお話をありがとうございました!





講演会終了後には、鈴木賢一講師(LEC専任講師)による個別相談会を実施。


suda3



鈴木講師、生講義も宜しくお願いします!



☆お知らせ☆

LEC静岡本校では、2012年向け中小企業診断士通学クラスが9/25(日)より開講します。


通学クラスについてや、講座についてのご質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

*お問い合わせは静岡本校まで→【054-255-5001】
司法書士の現在(イマ)、そして未来。
本日、

司法書士の中里功先生による実務家講演会

を開催しました!


nakazato1


蒸し暑い日であったにもかかわらず10名近い方が参加され、講演会後も先生への質問が尽きないほどの盛況ぶりでした。

nakazato2


講演のテーマは、


「司法書士としての多重債務問題への関わり方とは」


バブル崩壊と共に顕在化した多重債務問題。
その後、特定調停制度の創設や民事再生法の個人再生における住宅資金特別条項の創設、さらには司法書士への簡裁代理権の付与といった法制度の変化に伴い、司法書士としての多重債務問題への関わり方も大きく変容していく。
また、相次ぐ最高裁判決に基づき、多発した過払い返還請求訴訟への対応も必要になる。

いろいろな選択肢がある中で、結論ありきではない事案に応じた手段を選択し、多重債務者を債務から開放するだけでなく、生活の再建を図っていく。
その際には、関係する行政機関や民間団体と連携をしながら、二度と多重債務に陥らない環境づくりを構築することが大切。

これが司法書士としての多重債務問題への関わり方である、というお話でした。

司法書士は法律の専門家でありながらも、法制度を利用して借金を返すことだけを目的とするのではなく、これをきっかけとして、債務者の生活環境を改善していくことを意識して活動しなければならないということを強く強調されていました。

また、司法書士として


【法律バカ】にはなるな、【職人】であれ!!


ということをお話してくださいました。
様々な法制度にはそれが創設された社会的な理由があり、これを理解するためには社会を知らなければならない。
社会を勉強していることを前提として、様々な分野にトライし、依頼人の評判を得ていくことが司法書士のやりがいである、とのことでした。



中里先生のお言葉ひとつひとつがご自身の体験に基づかれたものであり、心に響きました。

受験生は目の前の本試験に集中します。
そうすると、合格後の未来はなかなか想像しにくいものです。
しかし、試験勉強中の身であるからこそ、実務の現状に触れることはとても重要なことなのかもしれません。

参加された方には、とても有意義な時間を過ごしていただけたのではないでしょうか。
LEC静岡本校では、今後も実務家講演会を開催してまいりますので、今回参加された方も、残念ながら参加できなかった方も、またご参加下さいっ☆

最後に、お忙しい中静岡本校まで足を運んでいただき、貴重なお話をしてくださった中里先生、本日は本当にありがとうございました!!













ちなみに団地の4階に住んでます。
ふるはしのえみです。

8月2日の朝のできごと。


小柳津女史「昨日の地震、すごかったですね。大丈夫でしたか?」

ワタクシ「…?なんのこと?」

小柳津女史「…(絶句)」


8月1日の深夜、静岡県を震度5弱の地震が襲ったのです。

かなり激しい揺れで、県内には負傷された方もいるようです。

翌朝、静岡本校はこの話題で持ちきりでした。


そんな中、ワタクシは、

酔っ払って気を失っていたため、


いっさい気づかなかったのであります。




控えめに見て、ひどい。

ちょっと反省です。