プロフィール

LEC静岡本校

Author:LEC静岡本校
〒420-0857
静岡市葵区御幸町3-21 
ペガサート
TEL : 054-255-5001
FAX : 054-255-5717

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

LEC静岡本校ブログ
資格の総合スクール、LEC静岡本校Staffによるブログです。資格情報から日々の暮らしまで!
夏の思ひで
ふるはしのえみです。

今日(7/24)は、静岡市で毎年恒例の 「安倍川花火大会」 が行われました。
15,000発の花火が打ち上げられる、静岡県内でも最大級の花火大会です。

静岡の夏の一大イベントなわけですが、
これまで、休みが重ならなかったり用事があったりで、
妻とは一緒に行ったことがありませんでした。

それが、今年はうまいこと、二人とも休みが取れたのです。

これは行かないほうが不自然であろう、と妻を誘います。
すると

「いやだ」

と、つれない返事。

理由を聞くと、
「暑いし、人ごみが苦手だから、いやなの」

…。

それでは、とウチの近くの「梶原山公園」というところに連れて行きました。
文字通り山の上にある公園で、
市内全景が見渡せる、静岡でも有数の夜景スポットなのです。

遠目ではありますが、花火が見えますし、
山の上ですから涼しいです。
おまけに夜景がきれいで、
それほど人もいません。

(写真は上手く撮れませんでしたので、ないです)


キレイだったよね、と妻に感想を聴くと


「蚊に刺された!かゆい!!」



どうすりゃいいんだよ。


スポンサーサイト
かき氷♪
お久しぶりです!K.S.です。
暑い日が続いていますが、皆さん夏バテしていませんか?

外出するたびにぐってり・・・
夏バテ連発中です

体力の無さを実感・・・
栄養つけなきゃ!と思いつつ、
のど越しの良い、冷たいおそば・おうどんを
選んでしまう今日この頃
まさに夏バテダイエット・・・
ダメですねぇ~~~。

健康的なのは、こんがり日焼けした肌だけ。
残念な感じです。



とか言いつつ・・・

今年初のかき氷を食べに行ってきました♪
ほうじ茶カキ氷

お茶問屋さんのほうじ茶かき氷☆
暑い日に食べるかき氷は最高です。

竹筒の高さは約15センチ。
上の氷も入れたら25センチは超えています。

食べても食べてもなかなか減らず・・・
ひたすら氷とにらめっこ。

もうすぐ、完食!
その前にこんなお楽しみが♪
カキ氷大福

ちょっと見にくいんですが、大福ちゃん
すごく冷たくて、それでいて軟らかいっ。
たまりません!


お行儀良く、落とさず食べたいものの、
うまくいかず・・・食べ終わる頃には、
落ちて溶けた氷の湖ができていました

海開きではなく、氷開き。
今年は、何回このかき氷を食べるようでしょうか?

しぞーかおでんを扱っている駄菓子屋さんでも
かき氷食べなくっちゃ。
そのときは、熱々のおでんとと一緒にかき氷・・・
考えただけで幸せです。



そうそう、暑いのは気温だけではありません。
静岡本校本校も熱いんです!

8月・・・
しぞーか夏休みスペシャル
詳細は8月1日にHPにて。
お楽しみに♪


かき氷の食べすぎで
お腹壊さないように気をつけなくちゃ。
皆さんも、気をつけてくださいね。


忘れろ草
ふるはしのえみです。

梅雨が明けたと思ったら
いきなりの猛暑。
もう夏がお腹いっぱいです。


前回、「妻があまりにも忘れっぽい」ということを書きました。

でも実は、
私も人のことは言えなかったので、書きます。

静岡校では、社労士の模試を「外部会場」で行っています。
(シズウェルさん、いつもありがとうございます)
静岡校からは歩いて10分くらいのところにあります。

運営に行くのに、歩いていくのはちょっとだけしんどいので、
自転車で行きます。

無事に運営を終えて、
とぼとぼと歩いて帰る途中、
何か変だと思いました。


「…来るときはもう少し楽だった気がするのにな…」


さすがに途中で気づきましたが、
そのまま歩いて帰っていたら、
ちょっとした伝説になっていたかもしれません。


もう少しで残念な子。
ふるはしのえみに暖かいまなざしを。


ワスレナグサ
ふるはしのえみです。

ようやく梅雨が明けたようです。
これから、雨の代わりに暑い日が続きますが、
皆さん体調には気をつけましょう。

ところで、資格の勉強をしている受験生の皆さんにとって、
「忘れる」ということは大きな悩みの一つだと思います。

一度講義を聴いたはずなのに、すぐに忘れてしまう…
覚えているはずなのに、問題を解いてみると忘れている…

ああ、自分はなんて記憶力がないのだろう。
こんなふうに悩まれているのではないでしょうか。

でも、これは当たり前のことなのです。
人間は「忘れる動物」だからです。

これを克服するためには、
ただ繰り返し、何度も同じ問題を解いて、
知識の定着を図るしかないのです。

しんどいことですが、こればっかりは仕方ないですね。
私も、社労士の受験時代には同じことをしていました。



…ただ、あまりにも度を過ぎて
「忘れる」人も、中にはいます。

うちの妻です。
(またこんな話か)

先日、夜遅くにくたびれて帰ってきて、
お風呂に入ったときのこと。

浴室の壁に「白い小さなカタマリ」がくっついています。
なんだろう、と目を凝らしてみると、

それは「ガムの噛みカス」でした。

大声で妻を呼びます。
すると、


妻「ごめん、わすれてた」


どういうことかと言うと、

  ・ガムを噛んでいるのを忘れてお風呂に入った
    ↓
  ・気づいた
    ↓
  ・ジャマなのでとりあえず壁にくっつけておいた
    ↓
  ・そのまま忘れてお風呂から出た




お願いです。

ちゃんとしてください。


まだ君が 元気だった あの頃に
ふるはしのえみです。

今日、仕事をしていると妻から電話がかかってきました。
出ると、


「。・゚゚(ノД`)近藤と土方が死んじゃったあぁぁぁ」


…何のことかわからないと思いますが、
近藤、土方というのはウチで飼っている二匹の金魚の名前です。
6年前の春、卵から孵ったばかりで我が家にやってきて、
今年7歳になったばかりの、金魚です。

それが今日、天に召されたのです。

夜、仕事を終えて家に帰ると、
妻が泣きじゃくっています。
水槽には、もう動かない二匹の金魚が水面に浮かんでいました。

泣きやまない妻を、
「こいつ一回も世話したことなかったよな」
と思いつつも慰め、
その亡骸はアパートの花壇に埋めてやりました。


生き物は、いつか死んでしまいます。
遅いか、早いか、というだけのことかもしれません。

“ただ ぼくは
 こんな日はもうちょっとあとだと思っていた”
(西原理恵子「ぼくんち」)


小さな命たちに、追悼。


080914 045-s

080914 051-s

090419 027-s
           在りし日の近藤、土方。
          どうか安らかならんことを。